SEASON2 EP1 ②

どうぞ



ジェニー:じゃ、オベリンってすごくいい学校なの?

ティム:ああ、すごいチームだよ

ジェニー:ハスペルコーチー!

ティム:月曜から1週間後にって言われたから、5日かけてオハイオまでドライブするよ

ジェニー:そうね。やっぱり、教員免許とるつもり?

ティム:多分ね。次の家、見つけた?

ジェニー:全っっ然ダメ

ティム:ここの契約を引き継げばいいよ

ジェニー:ううん、ここの家賃は高すぎるから払えないの

ティム:バイト始めたんだろ?

ジェニー:ハンク59のウェイトレスじゃ、そんなお金とても・・・

ティム:今月の家賃は払ってるから、ゆっくり考えればいいよ

ジェニー:本当?いてもいいの?

ティム:追い出すとでも思ったのか?

ジェニー:本当に?だったらすっごく嬉しい!
      今、執筆に集中しなくちゃいけないのね
      シャーロット・バーチがC.U.の博士課程で教えてて、
      どうしてもそのクラスとりたいの
      でも全然筆が進まなくて・・・今までで1番酷いスランプみたい

      "2人の性行為は、どの様にお互いの過去の性行為を喚起するのか
      それは、どう無限に広がる人の絆の網に、我々を結びつけるのか"
      "お互いの過去の性行為は喚起される
       それはどの様に、無限に広がる人の絆の網に我々を結びつけるのか"
      "ジェーンが理解したのは両親が喧嘩していた事だけ"
      "彼らの絆は昨夜より増して、酷く弱くなっている"

女の子:行かないで
---------------------------------------------
ティム:ベット?

ベット:こんばんは

ティム:さよならしに来たんだ

ベット:どこかへ行くの?

ティム:オハイオだよ

ベット:オハイオ・・・どのくらい?

ティム:仕事見つけたんだ。あさってに出るよ。じゃあね。

ベット:ちょっと、ティム・・・ごめんなさい、引っ越すなんて知らなくて・・

ティム:いや、いいよ

ベット:引越しって、ずっと?

ティム:まだ分からないけど・・・
     とにかく、君に出会えて良かった

ベット:私もあなたに会えて良かったわ
    寂しくなるわね

ティム:さあね
    また男と、セクシュアリティ不明の女が越してきて、
    彼女を君が誰かさんに紹介すれば、その男の生活はメチャクチャになって、
    いい暇つぶしになるさ

ベット:マリーナ、自殺を図ったの
    崖(セリフ:PCH=パシフィックコーストハイウェイ)から車ごと転落させようとして

ティム:マリーナが?

ベット:あなたがどういう感情を抱こうと、私は責められないけど・・

ティム:そんなつもりはないよ・・でも、ただ・・・
    人生の転機がいつか見当もつかないって・・・思わない?

ベット:私もそう思うわ

ティム:ティナいる?サヨナラ言いたくて

ベット:いないわ

ティム:(僕があさってまでに会えなかったら)サヨナラって伝えてくれる?

ベット:ええ
---------------------------------------------
(シェーン:こんにちは)
(アリアナ:こんにちは)

シェーン:シェーンです

アリアナ:アリアナよ

シェーン:初めまして

アリアナ:素敵な服ね

シェーン:どうも

アリアナ:何の為に?

シェーン:自分自身の為、時々は女の子の為です

アリアナ:レズビアンね?

シェーン:ええ、もう完全に

アリアナ:夕食会で、レズビアンは新種のゲイだと言う話になったの
      どう思う?

シェーン:人は、分類好きが過ぎるかな
      どんな本を?

アリアナ:国、政治について・・

シェーン:ええ

アリアナ:世界をより良くするには、という内容よ

シェーン:なるほど

アリアナ:その為に、あなたは何が欲しい?

シェーン:うーん・・考えた事がないですね・・

アリアナ:愛は?

シェーン:愛は厄介だから、瞬間瞬間を楽しむ方がいいです

カルメン:ハフィントンさん、ソイラテお持ちしました
      何かお持ちする物はありますか?

シェーン:いえ、結構です

カルメン:何でも言って下さいね
      カルメンです

シェーン:初めまして
      シェーンです

カルメン:失礼します

アリアナ:私の事はいいから

シェーン:でも・・・仕事ですから

アリアナ:行きなさい

カルメン:で、コレが昼の仕事。
      先週はフィッチャースプーナーのビデオでアシスタントしたのよ

シェーン:すごいね

カルメン:DJもやってて、リトルテンプル(実在するクラブ)が金曜でしょ、
     水曜はオールドスクール、ボディウェーブ、エレクトロニカとかをMRXでやってるの

シェーン:やるじゃん

カルメン:あなたは?仕事以外では何してるの?

シェーン:何って・・あんまり・・出かけたり・・適当に

カルメン:うん、そっか、ありがとう

シェーン:またね

カルメン:ええ
      このCD・・いいんだけど、聴く?
      先週ニッティングファクトリーでこれ聴いて、
      5年後には絶対こうなってたい!って

シェーン:好きだな、野心家のコ

カルメン:もう、黙って

シェーン:黙らせてみてよ
      これは?

カルメン:父を表してるの
      会った事ないんだけど、
      マヤの呪医か何かだったみたい

シェーン:会った事ない・・?

カルメン:私が生まれる前に、バイク事故でね・・

女:私語はやめて、いい?
  どうなってるの?20番にシェーン呼んで。
  ボブ、2番頼んだわ
  最終確認5分前に頼んだのにいないの!どこなの!

男:ロビーの壁に、特大サイズの日本のアニメを元にした画を描きます。
  違法なのですが・・

ベット:聞いてるわ

男:ソーテル405線の違法な展示物なのですが・・・

ベット:彼がテーブルに這いつくばって、
    俺は弱いだの背信がどうだのと叫ぶやつを見たんだけど、
    誰がアレに資金提供するの?

男:アーマンソン基金に申し込・・・

ベット:無理よ、保守的すぎるわ

ジェームズ:(メモ帳で「カンダンスから電話です」)

ベット:切って!

ジェームズ:もう5回目です

ベット:いい加減にしろと伝えて
    ピーバディ財団にかけあって
    可能性はあるわ
---------------------------------------------
同僚:3番お願い、私は2番と5番ね

ジェニー:はい

同僚:いい?

ジェニー:ええ
      こんにちは、ご注文は・・何になさいますか?

客:ココのバーガー、アメリカ牛かニュージーランド牛どちらを使ってるの?
  私はアメリカンチーズの代わりにフェタチーズ、フライに野菜つけて
  
ジェニー:失礼します、すぐに戻ります

客:どういう事?

ジェニー:どうしたの?

ロビン:大丈夫かと思って

ジェニー:全然大丈夫、こんな仕事だけど、でも大丈夫

ロビン:聞いてないのね

ジェニー:何を?

ロビン:マリーナが自殺未遂したの
    ベルエールのプレジデントスイートで

ジェニー:未遂って事は・・生きて・・るんでしょ


ロビン:ええ
    叫び声が聞こえて、乱暴されてると思った誰かが、フロントに電話したの
    ベルボーイがマリーナと薬瓶3つを見つけて・・・
    完全に狂ってたって・・・

ジェニー:そんな・・・

ロビン:で、私に電話。バッグに番号が入ってたか何かでしょ
    マリーナから母親の話は聞いてたから、ウンブリア(イタリア)に連絡したの

ジェニー:別荘・・

ロビン:言わない方がいいかもしれないけど・・・
    病院で、あなたの名前を呼んでた

客:いつまで待たせるの!
---------------------------------------------
トーニャ:見て

ダナ:アレ?

トーニャ:よくない?

ダナ:ユラ・・カプレッソのS8・・・1999ドル!?(定価は$2399.99かと)
   トーニャ!あんなの無理だよ!

トーニャ:何言ってるの・・・割り勘があるでしょ
      ダナ、友人にはもっと頼るのよ
      次、ゲリーズよ

ダナ:もしもしフェアバンクスです

アリス:もしもし、えっと、あーホラ、話、した方がよくない?

ダナ:うん
   ロビー、ハリソンの前のダブルスパートナー
   うん、会おうよ、いつ?

トーニャ:ハニー?カットクリスタルもね

ダナ:うん
   明日朝ラニョンキャニオンは?

アリス:じゃ、ゲートんトコに10時半?

ダナ:早すぎ

アリス:うーん
    じゃ11時で、ね

ダナ:でも405号線が多分渋滞・・・

アリス:4時でいいじゃん、夕方の4時
     夕方4時ね

ダナ:うん、分かった

アリス:ホラ、気分転換にね

女:ねえ、そこに頭って通らないと思うけど・・

アリス:実は、ハーネスに丁~度いいんだな~コレが
---------------------------------------------
[PR]
by L-addict | 2005-03-07 21:13 | TLW
<< SEASON2 EP1 ③ SEASON2 EP1 ① >>