SEASON 1 EP L'ennui 1

どうぞ



フランチェスカ:普通はライブパフォーマンスはしないの。
          でもバズと映画で組んだことはあるわ。

女:観ていないんです。

フラン:でもストーリは知ってるはずよ。

女:いえ、それがあまり・・

フラン:まさか、「賢者の贈り物」よ?
    これじゃダメね
    斜めに切るべきだったのに。
    こんなもの着せられないわ。
    (伊)カローラ?気に入らないわ。バティストーニに作り直すように言って。
    ちょっといいかしら?
    こっちを向いて。
    さてと。
    さっきの話だけど、オーヘンリーの作品なの。
    私達が愛のために捧げる、馬鹿げた犠牲の話よ。
    
女:馬鹿げた・・・?

フラン:ジムとデラという若い恋人が出てくるのよ。
     2人とも酷く貧しいの。
     お互いにクリスマスプレゼントをあげたいって思ってる。
     ちょっと試してみたのだけど・・・
     下から手で留めるわね?
     
女:ええ

フラン:そしてその男は、1つだけ貴重品を持っていたわ。
    祖父の金の懐中時計。
    彼はそれを何よりも大切にしていたけど・・・
    デラの方が大切だった
    続けた方がいいかしら?

女:何を・・?

フラン:お話を。

女:はい・・・お願いします
----------------------------
ティム:どこにいたんだ

ジェニー:2人の若い子に会って・・
      2人はシエラにある、ビショップっていう小さい町に住んでるの。
      とっても・・・綺麗だった。
      サンダーボルトピークって呼ばれる山があったんだけど、
      わたしでしょ?てっぺんまでいけなかったの。
      
ティム:山に登ったのか?

ジェニー:ええ。

ティム:手紙届いたよ。

ジェニー:ええ。

ティム:心臓をもぎとってほしいと思った事なんかないよ。
     ただ・・・
     誠実でいてほしかった。

ジェニー:そうね。
      プレゼントがあるの。
      ローンパインっていう小さい町で見つけて・・
      あなたのストップウォッチにつける鎖・・
      これがあれば、もう忘れないでしょ。
    
ティム:壊したんだ。

ジェニー:ご祖父のなのに

ティム:ああ
     あの日に壊した。
     
ジェニー:ごめんなさい
      
ティム:あれが・・・初めてだったのか?

ジェニー:そうよ

ティム:あれはお前の荷物だ。
     出て行け。
     初めて遊びに行ったときからだろ!
     ベットとティナさえ知ってたんだぞ!
     何も知らなかったバカは俺だけだ!
     虚言癖持ちのクソが!
     出てけ!
     俺の家から出て行くんだ。
     行け。
     
ジェニー:分かったわ。
      やめっ・・
      分かったから
----------------------------
ダナ:聞いてほしそうだから聞いてんじゃん。

アリス:背低くて、ずんぐりしてるっつうか小さいつうか

シェーン:ただ背低いだけで、何もおかしくないだろ
      小さいだけなんだよ

アリス:ハリーのパーティーで、、マドンナに会ったって

マリーナ:(仏)マドンナ?金髪の小さな歌手?

ダナ:で?ほしいって言われた?

アリス:もうヤっちゃった?

シェーン:来週、髪の毛ヤることになった。

アリス:マジ!?

ダナ:で、ハリーがヨットくれたんだって。

マリーナ:ヨットをくれたの?

シェーン:ああ、金曜の夜、
      パーティーやるから来てくれよな

ベット:どうも
ティナ:あ、みんな!

シェーン:よぅ

ベット:はい、椅子

ティナ:ありがと

シェーン:で、ティナ、調子どうだよ?

(アリスとダナ、憎しみの視線をシェーンに向ける)

ティナ:超大変、聞いたらビックリするよ。
    医者が酸中和剤くれてから、
    胃酸過多の方はだいぶマシになったけど。
    錠剤の方がシロップよりもいいの。

ベット:ええ、そうね。

ティナ:昨日ね、夜中の3時に目が覚めたの。
    ひっどい胸焼けでね。
    HCG(人コリオニック・ゴナドトロフィン、妊娠を示すホルモン)値がすごい高いから、
    って、妊娠してるからいい事なんだけど、
    おかげで吐き気がもうすごくって。

ベット:14週を過ぎたら収まるようだけど、

ティナ:今朝なんか
     靴下履くときに静脈瘤見つけてね、
     ほら、ここ

ベット:キスしてあげなきゃ。
    もしマタニティヨガと、骨盤底部のエクササイズを続けたら・・・
    ホルモンの分泌が高まることによって、
    静脈の周りの筋肉が
    弛緩するのよ
    女性の体の変化には驚くばかりだわ

ティナ:それで思い出したけど
     今日精神流動のセレモニーがあるの。
     
ダナ:セレモニーって?

ティナ:覚えてない?言ったじゃん。

ベット:シーク教では
    胎児に精神が宿るのは
    13週目なのよ

シェーン:なるほど

ティナ:ヨガの先生のグルデヴが
    儀式をやってくれるの
    考えたんだけど、
    一緒に合唱しにきてくれたら
    嬉しいなって。
    それから祝福の会もあるの
    
アリス:い、行かないわけないって、ね?

シェーン:もちろん。

アリス:いい感じじゃん
----------------------------
アリス:なんっじゃこれ。

教祖?:さあ皆さん、一緒に
     "陽が輝き続けんことを" を歌い、
     祝福のオーラを送りましょう。
     ティナとベット、そして新たな生命に。
----------------------------
マリーナ:何があったの。

ジェニー:わたしと・・・口をききたくないのは分かるの・・・
      あんなことを言った後だから。
     
マリーナ:何が必要なの。

ジェニー:お風呂に入りたい。
      家に行ってもいい?
      何なら休憩まで待っ・・・

マリーナ:私には会いたくなかったんじゃないかしら

ジェニー:4年間も付き合ってたの
      婚約してたの
      ああするしかなかった・・

マリーナ:彼はあなたをとても愛してるわ
      証明しにきたもの

ジェニー:ティムが・・・やったの?

マリーナ:ええ、でも何も請求するつもりはないわ。

ジェニー:わたしはただの意気地なしで・・
      嘘つきの・・・
      浮気者なの?
----------------------------
キット:じゃあねーアンタ達
    後でね

みんな:バイバーイ

キット:じゃあねー

ティナ:ねえ、さっきの船上パーティのこと教えて?

シェーン:ああ、おう。
      ハリーが予約したんだけど、
      急に出張になったんだ。
      フリーバーがあって、
      超カワイイホステスがいて、     
      超いい感じだろ?

ベット: ええ、そうね
     "超ーいい感じ"よ。
     それでも私達が行かない理由、
     分かってくれるわね?

シェーン:残念だよ、楽しい機会を。

ティナ:だって今巣作りしてるんだよ
     どんな気持ちか説明できたらいいけど・・
     これって・・・

ダナ:大丈夫、アタシらで想像するから

ティナ:原始的!
    動物王国の中で、妊娠してる雌だけが
    巣を作るでしょ?
    引きこもって、
    ひっそり雌鳥みたいに暮らすの。

アリス:ってことは、フリーバーつきの
     お得で楽しい船上パーティー逃して、
     卵の上にバカみたいに座ってるの☆
     って内容で合ってる?

ベット:ええ、そうよアリス
    その通り
    仕事に戻るわ
    今日はありがとう

皆:じゃあね
  バイバイ

シェーン:今日の超良かったよ

ダナ:おめでとー

シェーン:感動したよ

アリス:まじで。

ダナ:ほんとに。
   超イタすぎ。
   アレやらなきゃね。

アリス:だね

シェーン:6時な

アリスダナ:了解
       
ダナ:後でね
[PR]
by L-addict | 2005-01-10 06:58 | TLW
<< TLW好きに50の質問 Dda... 2000コメント >>